カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人

English

検索窓を開く

検索窓を閉じる

Greetingsご挨拶

執行役員 ⼤⽵ 喜久執行役員 ⼤⽵ 喜久

投資主の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人は、投資主の皆様をはじめ数多くのステークホルダーの皆様のご支援のもと、平成29年10月30日に東京証券取引所インフラファンド市場に上場いたしました。

本投資法人はグローバルに展開するカナディアン・ソーラー・グループが組成する地球環境と日本の地域創生に貢献するインフラファンドです。

再生可能エネルギーは、資源が枯渇せず繰り返し使え、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しない優れたエネルギーです。また、近年における世界のエネルギー需要などを背景に、今後は従来通りの質および量の化石燃料を確保していくことが困難となることが懸念されています。上記困難に対応し、低炭素社会の実現に寄与するため、欧米の主要先進国と比してまだまだ低い水準にある再生可能エネルギーの導入拡大が国家的課題であるといえます。

本投資法人はカナディアン・ソーラー・グループが目指す「美しい地球と安心安全な社会を次世代に残すため、太陽光発電のシステムの普及を通じて地球環境に貢献する」ことを実現することを目指すと同時に、太陽光発電設備を中心とする再生可能エネルギー発電設備等に対する投資運用を通じて地域社会の活性化及び発展に貢献します。

本投資法人は、カナディアン・ソーラー・グループが有するスポンサー・パイプラインおよび再エネ発電事業バリューチェーンを最大限活用し、本投資法人が持続的な成長を果たすことで、投資主価値の持続的な向上を目指すことを基本方針とし、運営を行ってまいります。

投資主の皆様におかれましては今後とも末永くご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  1. ホーム
  2. 投資法人の概要
  3. ご挨拶

このページの先頭へ