カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人

English

検索窓を開く

検索窓を閉じる

Greetingsご挨拶

執行役員 中村 哲也執行役員 中村 哲也

投資主の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人は、投資主の皆様をはじめ数多くのステークホルダーの皆様のご支援のもと、2017年10月30日に東京証券取引所インフラファンド市場に上場いたしました。

2012年7月に再生可能エネルギーの固定価格買取制度が導入されて以来、太陽光発電所の開発及び運転開始が進み、2018年12月末時点の導入量では約3,750万kWに到達し、認定量も勘案すると発電設備としての重要性は増すばかりです。

太陽光発電所は発電するのに太陽光を利用している為、環境に優しい発電設備であることは言うまでもありませんが、これ以外にも年間発電量は、モジュールの経年劣化に伴う減少は勿論ありますが、これを考慮すると比較的安定して推移すると期待できる上に、景気の動向に直接左右されることが少ないと言うユニークな特徴もあります。伝統的な金融資産は、株式であれ債券であれ、景気の動向に多かれ少なかれ影響を受ける中で、こうした特性はポートフォリオ分散にも有効かと思います。

本投資法人は、カナディアン・ソーラー・グループが有するスポンサー・パイプラインおよび再エネ発電事業のバリュー・チェーンを活用し、本投資法人の資産規模を拡大しながら、投資主価値の持続的な向上を目指すことを基本方針として、引き続き運営を行ってまいります。

投資主の皆様におかれましては今後とも末永くご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  1. ホーム
  2. 投資法人の概要
  3. ご挨拶

このページの先頭へ